共進住宅販売株式会社
9時~18時
毎週水曜日、第1,3火曜日
2019年06月22日
ブログ

第1種、第2種風致地区ってナニ

弊社の営業エリア、特に環八の外側~多摩川にかけてのエリア(尾山台、等々力、玉堤、野毛、上野毛、瀬田、玉川、鎌田、宇奈根)に入っていて建物を建築する際に建ぺい率、壁面後退等の規制を受ける条例です。

風致地区制度とは

風致地区は、1919年(大正8年)の旧都市計画法により制度化されたもので、都市における良好な自然的景観として認められる風致の維持をはかる地区として発足しました。世田谷区内では「多摩川風致地区」が昭和8年に指定されています。

この制度は、風致保全のための規制を行っていくもので、昭和43年の都市計画法の全面改正を受け、許可の基準を示し、その範囲で条例を定め、これによって風致地区内の行為の制限を行うようになりました。

規制に関する具体的な内容は、地域の特性を踏まえ、知事が条例によって定めることとされており、東京都では「東京都風致地区条例(昭和45年4月1日条例第36号)」により制度運用を行っています。

風致地区内で下記の行為をする場合は、区長の許可が必要です。

■宅地造成、土地開墾その他の土地形質変更(盛土、切土等)
■木竹の伐採
■建築物その他の工作物の新築、改築、増築、移転
制限の内容は下記パンフレットをご参照ください。

この記事を書いた人
山品宏一 ヤマシナコウイチ
山品宏一
業界歴29年目に突入しました! 長きにわたり不動産の市況・動向を見てきた経験と実績で、お客様それぞれのニーズに合った物件探しをお手伝いさせて頂きます。是非ご用命下さい。 ポータルサイトや他社サイトで気になる物件がございましたらお気軽にご相談ください。
store

会社概要

共進住宅販売株式会社
label

タグ一覧

arrow_upward